インプラント
 
歯科用CT
医療設備
アクセス

インプラント

これまで、不幸にも歯を失ってしった場合には入れ歯やブリッジなどで補うことが主流でした。しかし、この場合、健康な隣の歯を削ったり、食べづらい、話しづらいなどの違和感を感じられることも多々見受けられます。インプラントはそれを解消してくれる画期的な治療法です。

インプラントは従来のブリッジや入れ歯に代わる「第2の永久歯」と言われています。機能性、審美性に優れ、注目されている最新の治療法です。

他の治療法との違い

インプラント治療法は外科手術をともないますので、患者様が適応症であるかどうか、全身的な健康状態のチェック、骨の状態など、より精密な検査を必要とします。

インプラントの最大のメリットは、しっかり噛める生活を取り戻すことができる点です。入れ歯やブリッジなどの従来の治療法と違って、残っている歯や歯肉に負担をかけず、顎の骨へ直接固定するため、違和感や異物感に悩まされることなく、自分の歯と同じような感覚で噛むことができます。

■ 入れ歯(部分入れ歯・総入れ歯)との違い

入れ歯は、歯肉の上から歯をかぶせたりするだけですので、異物感や味覚や触覚が損なわれ食事を美味しく食べられないことなどのデメリットがあります。また加齢とともに歯肉がやせ、入れ歯が合わなくなるケースも少なくありません。

これに対し、インプラントでは人工の歯根を歯肉の中に埋め込み、しっかり固定させます。入れ歯を固定する金具がないので異物感がなく、また他の歯に負担をかけることもありません。

■ ブリッジとの違い

歯を一本失ってしまった場合、従来は健全な両隣の歯を削ってブリッジを用いて治療していました。両隣の歯で抜けてしまった歯も支えなければならないため、負担がかかり結果的に両隣の歯の寿命を短くしてしまいます。
しかしインプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことが出来、1本からでも治療が可能です。

最新歯科用CT導入

当院では、精密な診断ができるようにCTレントゲン(歯科用デジタルX線CT NAOMI-CT)を導入しています。
デジタルパノラマ、デジタルレントゲンでは従来のレントゲンより大幅に被ばく線量が低減されるとともに、より正確・精密な診断が可能になっています。従来の装置では判別できなかった症状の原因の究明にも役立っています。

CTで撮影した画像からは、顎(あご)の骨の形や欠損状態が分かるだけでなく、神経の位置や向きなども調べることができます。また、腫瘍の大きさや3次元的形態の把握、歯の中の神経の分岐状態や根尖嚢胞の有無の確認等でも大きなメリットがあります。近年インプラント治療等で安全・正確に手術を行う上で必須といっても過言ではありません。